クリエイター実態調査

クリエイター実態調査

1. 調査目的 生活環境や営業実態などの動向を占うとともに、その背景要因を探るため。また、業界全体の課題への取り組み、および制度やサービスの改善、または新たに制度やサービスの拡充・創設などを目指して、行政機関へ働きかけるために必要な資料とすることを目的として調査。
2. 調査対象者 日本のクリエイティブ関連(イラストレーター、Webデザイナーなどの)個人事業者。
3. 調査内容 ・売上、クライアント数
・クライアントとのトラブル経験
・休日日数など
4. 調査対象地域 日本全国
5. 調査実施機関 (協)日本イラストレーション協会
6. 調査結果 第二回クリエーター実態調査結果はこちら
第一回クリエーター実態調査結果はこちら