JILLAとは

  1. ホーム>
  2. 組合情報 >
  3. JILLAとは

協同組合日本イラストレーション協会とは

協同組合日本イラストレーション協会(以下JILLA)は平成20年9月16日にイラストレーション業界では、初の中間法人として、関東経済産業局から認可された国の認可団体です。
JILLAは、イラストレーションを事業として扱っている法人および個人事業者(イラストレーター/各種デザイナー/漫画家/アニメーター等)によって構成されています。
関産認協第2047号(関東経済産業局)

私たちの使命

JILLAの使命は、プロである組合員同士が集まり、より大きな団体として活動する事でスケールメリットを活かし、お互いの事業を「互助」し、イラストレーションの可能性を拡げ、それぞれの事業への理解を深め、より高いレベルを各自が目指し実現する、そのための環境をJILLAの活動を通じて共働し、創造していくことです。

私たちの存在意義

現在のイラストレーションを取り扱う事業者の構造を示したのが図Aです。
プロクリエイターは様々な専門的な育成機関(美術大学、専門学校等)出身者を中心に構成されています。また、発注、制作の母体となっている企業、事業が優秀なプロクリエイターを抱えています。
加えて、近年ネットや自主制作発表の機会等の増加に伴い、育成機関以外の場所をルーツとした、数多くのプロクリエイターが事業を展開しているケースも見受けられます。
図Aのようにプロクリエイターの裾野は安定したピラミッド構造になればなるほどトッププロクリエイターの頂を高みに押し上げます。
しかし、プロクリエイターの多くいるミドルゾーンが痩せ細ると、少数のトッププロクリエイターの才能を消費し尽くすだけで、深みのある技術、文化、産業が醸成されずに、先人達が培ってきた様々な努力も継承されず、イラストレーション業界は衰退してしまいます。
そこで、様々なルーツを持ったミドルゾーンにいるプロクリエイター(個人事業者)を中心に、時代に合わせた、意識向上、互助、支援、育成、底上げをし、イラストレーション業界の安定と更なる発展を図る。
それが、私たちが今取り組むべきミッションであり、存在意義であると認識しています。

図A:イラストレーターとイラストレーションを取り扱うクリエイターの構造図とJILLA

私たちの事業活動方針

私たちは創立時より「4つの創造」というミッションを標榜してまいりました。日本のクリエイティブ産業を支えているのは、裾野でイラストレーションやデザインと向き合っておられる一人一人の事業者です。その方々を現在、未来と支えていくために、以下の4つの目標について、短期、長期織り交ぜて、様々な事業を展開しています。

①イラストレーション事業者として生きる環境を創造する。
例:保険、組合誌の発行、共済制度の導入、健康誌配布、人間ドッグ健康診断活動、共同購買、技術系や法務系の講習・研修、業界情報共有、営業機会の促進
②首都圏型中心のビジネスから全国での取引を創造する。
例:海外に進出したいクリエイターのための適正診断、地域の団体とのビジネスモデルの構築、地方在住クリエイターとの交流促進、支部活動を活性化する
③イラストレーションを通じて社会とつながる機会を創造する。
例:組合員同士を講習会や交流会を通じ繋げていく、協力団体のJMAAの活動を支援しイラストレーターの社会的価値を高める
④次世代事業者の育成と、関連業界の発展を創造する。
例:関連専門系学校との共働、業界団体同士での交流の活性化、世代間の技術格差の解消支援、セミナー講師派遣